何で土用の丑の日に鰻を食べるの?

あの香ばしい独特な匂いに誘われて、土用の丑の日には美味しい鰻が食べたくなりますよね。 毎年、土用の丑の日には街の鰻屋さんの稼ぎ時。 とくに有名鰻店では土用の丑の日に行列が出来て、なかなか美味しい鰻にありつけない!なんて経験が、うなぎ好きには誰でも一度や二度はあると思います。

今は通販も便利になって、土用の丑の日が近づくと鰻の出荷でうなぎ専門店も忙しくなります。

では何で土用の丑の日に鰻を食べるのか?鰻が好きでも土用の丑の日に鰻を食べるその理由がわかってない人も意外に多いと思います。 そこで、土用の丑の日に鰻を食べる理由について書きたいと思います。鰻ファンの方!雑学として参考にして下さい。

美味しそうなうな重の画像

今年もうなぎ好きにとっては嬉しい日、土用の丑の日がやってきます。土用の丑の日といえば美味しいうなぎを食べることですよね。 うなぎ好きにとっては土用の丑の日はうなぎを食べる記念日のようになっています。 でもそもそも土用の丑の日の土用ってなに?

土用の丑の日と聞くと夏のイメージが浮かびますが、土用の丑の日は春・夏・秋・冬に存在します。 これは中国伝来の五行説による木火金水土を四季にあてはめたものです。 五行説は次のようになります。
春=木
夏=火
秋=金
冬=水
立春・立夏・立秋・立冬前の約18日間=土
今も昔も季節は五季ではなく四季なので、四季に当てはめるために各季節の最後の約18日間を「土用」としています。 つまり季節ごとに土用があるわけですね。今は土用と聞くと夏だけですが、本来は全ての季節に「土用」があります。

続いて丑の日の意味についてです。 丑の日とは、十二支の「子(ね)」「丑(うし)」「寅(とら)」の丑のことです。 十二支は今年の干支と数えるように年を数えるときに使われますが、方角や日にちを数えるときにも使われます。 つまり、約18日間の土用の期間で、12日周期で当てられている十二支が丑の日の場合、土用の丑の日になるわけです。

土用丑の日に美味しい鰻を食べる習慣ですが、その由来については諸説あります。 でもよく言われているのが平賀源内による発案説。 江戸時代当時、うなぎ屋主人がうなぎが売れないで困っていることを平賀源内に相談。 平賀源内は店先に本日丑の日という張り紙を店に貼ることを発案。 この平賀源内の発案によってうなぎ屋は大繁盛し、他のうなぎ屋も真似するようになり、夏の土用の丑の日に美味しい鰻を食べる習慣が残ったとされています。

暑い夏を乗り切るには鰻は栄養満点で最適な食材です。美味しい鰻を食べて元気に過ごしましょう!

うなぎ通販人気|トップページに戻る