うなぎ通販人気ランキング

口コミで人気の高いおすすめのうなぎ通販をご紹介します!

テレビのグルメや旅番組などで、名店の鰻の蒲焼や白焼き、ひつまぶしなどを美味しそうに頬張る映像を見ていると、美味しくて栄養価満点のうなぎが無性に食べたくなります。

 

うなぎを食べる男性

うなぎは和食を代表する食材のひとつで、皮がパリパリで身がホクホクの三河一色産やうなぎ養殖の発祥の地と語られる浜名湖産の鰻。

 

他にも四万十川の高知産や鹿児島産、宮崎産、徳島産など、名店の国産うなぎを求めて行列を作るシーンがテレビでも放映されることが多いです。やっぱり飛び切り美味しい鰻を食べるときには国産うなぎに限りますよね!

 

しかし近年の価格の高騰とともに、通販の人気が上昇していることも事実です。通販の口コミサイトを見るとこんな書き込みをよく見かけます。 「一度でも本場の美味しいうなぎを食べてしまうと外国産のうなぎでは物足りない!」や「安くても美味しくなければお金がもったいない!」など。今や通販でのうなぎの人気がよくわかります。

 

それもそのはず、通販なら有名うなぎ専門店から直接買えるので間違いないですからね!しかも通販なら中間マージンが省けるので、安くて美味しい人気老舗店の国産うなぎを取り寄せすることが出来ます。

 

そこで、当サイトでは口コミで人気があり、ハズレのないうなぎ通販をランキング形式でおすすめ順にチョイスしました。これからうなぎ通販を利用しようと思っている方は是非参考にしてみてください。うなぎ好きの方ならきっと満足していただける思います。

 

うなぎ通販人気ランキング

 

ハズレがないうなぎ通販をおすすめ順にランキング形式にまとめました。

 

美食市

とにかくリピーターが多いのが一色産極上のアオテの鰻の蒲焼。食べた方の口コミの多くは、うなぎの肉質がとても柔らかくて何とも言えない食感が病みつきになるそうです。人気の秘密はその価格!産地の専門店から直送されるので、値段も決して高くはありません。箸で簡単に切れる柔らかさの極上うなぎのアオテをご自宅で食べるならおすすめです。 脂がのったパリ皮と身が柔らかい良質のうなぎです。

浜名湖産うなぎ蒲焼

うなぎ養殖発祥の地と言われる本場の静岡県浜名湖産の極上うなぎ。浜松の老舗がじっくりとふっくらと時間をかけて焼き上げた、ほどよく脂がのって身のしまった満足サイズのうなぎの蒲焼がご堪能できます。ここの鰻は贈答用も大人気ですね。こだわりぬいた焼きタレは、醤油にみりん、砂糖だけをシンプルに独自ブレンド。醤油は浜松市の本醸造醤油を使用し、みりんは愛知県の本みりんを使用しています。

紀文オンライン

紀文オンラインショップで独自の焼き立てのおいしさをとじ込める真空パック製法が買えます。これが箸で皮が簡単に切れる柔らかさの鹿児島産のうなぎ蒲焼です。紀文にはレトルトパウチの長焼きもありますが、おすすめで人気は冷蔵うなぎですね。紀文オンラインなら、ふっくらジューシーなうなぎが徳用パックで楽しめます。背開きのうなぎに蒸しを強く入れてあるので脂分がほどよく抜けて絶品です。

 

うなぎは日本では古くから食文化に深い関わりを持っている食材です。

 

鰻丼

実は美味しいうなぎは世界中に分布していますが食用となっているのはたったの4種類なんですね。ご存知の通り、うなぎは日本では古くから食文化に深い関わりを持つ魚で、蒲焼や鰻丼などの調理方法で食されてきました。

 

うなぎの養殖も東京深川で既に明治には行われています。その後、人工池での養殖が成功して、静岡県浜名湖などでの養殖うなぎが拡大していきました。

 

現在の国産うなぎは天然物と養殖物に分かれていますが、ほぼ養殖物のうなぎが美味しく食べられています。 養殖物の水揚げ量では温暖な気候と豊富な地下水がうなぎの養殖に適していることから鹿児島県や愛知県三河地方が有名です。他にも宮崎県、静岡県、三重県、徳島県、高知県など、国産の美味しいうなぎが皆さんに食されています。

 

将棋

ちなみに史上最年長棋士として活躍したひふみんこと「加藤一二三九段」は、現役当時の勝負飯にうな重を食べていました。 長い将棋の対局には昼も夜も鰻(うな重)を食べていたそうです。

 

その点からも鰻は勝負メシには栄養満点で、栄養補給にぴったりの食べ物だと言えるかも知れませんね。